山形市 美容室【クアッドヘアデザイン】|高橋哲也 / quadHairDesign

高橋哲也 / quadHairDesign

DO-S シャンプー & DO-S トリートメント

      2015/01/27


新シャンプーのご紹介です。

岡山の美容師、どS氏の作ったシャンプーとトリートメントです。
パーケージは、いたってシンプル!オシャレ感ゼロ!


香りもいたってシンプル!


ただこのシャンプーかなりのツワモノであります。
 
当店ではパーマカラーをのお客様が、多いもんでいろいろ考えた結果このシャンプーに行き着きました。
 
使って頂いたお客様の感想・・・・
「使い始めは、びっくりしたわ! ギッシギシになるから」 
 
そうなります。

「でも、今はこの手触り・・感動!!」 
そうなるんです。

シンプルなんです。
シャンプーは、汚れを落とすのみトリートメントは、髪に浸透させる。

この2点だけに、集中して作られたシャントリなんですよね。


シャンプーをする理由を考えると分かると思うんです。

髪にとって不必要な汚れを落とすのがシャンプーでサラサラ感やしっとり感がなんでいるの??ってことです。


そのサラサラやしっとりする成分が実は、ダメージの元になっているとしたら皆さんはどうしますか??

パーマやカラーすると、髪の中にはお薬の残留物が必ず残るんですね。


その残留物をできるだけ早く取り除くことがダメージケアの原点だと思うんです。

でも、、、、、サラサラ・しっとりするシャンプーには髪に膜を張ってしまう成分たっぷり。。。


髪の中に残っている残留物は、その膜によって外に出ていかないですよね。


髪の中に残っていてどんどん内部を壊してしまう。


それを取り除くはずのシャンプーで出ていかないようにしている。


まさに負の連鎖です!!


そこで、このDO-Sシャントリ登場ってことですね


サラサラ・しっとりさせるシャンプーには、必ず皮膜作る成分が、入っている


パーマにしろ、カラーにしろ不必要な成分なんです。


かかりにくく、染まりにくい髪になるんです。


パーマかけるのにも、カラーするにも皮膜があったら必要以上に強いお薬を使う。。


痛まないで済む髪も、ダメージを受ける、痛んだからまたトリートメントをして皮膜を貼ります。


それでは、もったいないです!


DO-Sシャンプーは、その皮膜をとってくれるし、髪の中にのこった残留物も


使用すればするほど、どんどん外に出してくれます。


DO-Sシャンプーはキシむし、人によってはゴワツキもでます。


それは、髪に付着している皮膜を落としているからなんですよね


ただ、使っていくうちに「 しっとりだけど軽っ! 」って感触がやってきます。


スッピンの髪は、軽くってまとまるんです!


あの軽さを体感するとヤミツキ間違いなしです。

 - お知らせ, ハナシ

Message

  関連記事

1年
MAQUIAのサイトで田中みな実さんが使ってるシャンプー載ってました
no image
12月のお休みと正月休み
no image
お店の電話故障しました
【かなりどうでもいいんですが】アイコンを作ってみました
【縮毛矯正の進化系】最近取り組んでいること 2
*お店の場所と駐車場のご案内*
【ORGANIC SORA導入】 今日使うシャンプーを選んで頂くというサービス
no image
新型コロナウイルス感染予防対策への取組みについて
『セルフ』